ロルフィングとは10回の施術で全身を整えるアメリカで開発された整体(ボディワーク)です。

「他者とのつながり」アップデート:各手の指と体幹のつながり

身体の開発を継続していきある段階に達すると途端に未開発な部位が気になりだします。

その流れで、今月開催した軸トレーニングWS「他者とのつながり①、②」ではその時点で手や前腕の開発に有効なエクササイズをご紹介しましたが、それから各手の指と体幹をつなげる方法が見つかりました。

8月の軸トレーニングWS「他者とのつながり③」では早速この指と体幹をつなげる方法もご紹介しようと思います。

あくまでも土台は①、②でご紹介したエクササイズです。これに各指と体幹をつなげていくことによって指、手、前腕、腕、体幹のつながりがかなり変わります。

①、②では断片的に“道具とのつながり”をご紹介しましたが今回はより先の段階もご紹介できればと思います。

ちなみに“道具とのつながり”は“人とのつながり”ができないと難しいと思います。逆に言えば段階的に行っていくと誰もができるようになります。

今回の新しい発見である「各指との体幹とのつながり」は“人とのつながり”“道具とのつながり”にかなり大きな影響を与えます。

▼書籍『ウマは1本の指で立っている!くらべる骨格動物図鑑』を読むと(イラストを見ると)、「他者とのつながり③」の理解が深まるのではないかと思います。1000円ちょっとの価格なので興味あれば読んでみてください。

軸トレーニングWS「他者とのつながり③」にご興味ある方は▼のリンク先よりご確認下さい。

タイトルとURLをコピーしました