ロルフィングとは10回の施術で全身を整えるアメリカで開発された整体(ボディワーク)です。

身体操作(軸、脱力、合気など)

身体操作(軸、脱力、合気など)

天才の動きの鍵:中指と体幹とのつながり

はじめに 「橈骨の抜きポジション」「尺骨の抜きポジション」の発見により指と前腕、体幹のつながりについて明確になってきました。 前腕の骨である橈骨・尺骨と指の関係は下記のようになります。 ⚫︎橈骨:親指、人差...
身体操作(軸、脱力、合気など)

“抜きポジション”シリーズ「橈骨」と「尺骨」

はじめに 身体の力みが抜け、つながりができる「抜きポジション」ですが、当初は「肩関節の抜きポジション」と「股関節の抜きポジション」の2つだったのですが現在では、 ⚫︎肩関節の抜きポジション⚫︎股関節...
身体操作(軸、脱力、合気など)

合気道の核はやはり「座技呼吸法」

はじめに 大学時代は合気道部に所属していました。 合気道部に所属した理由としては「合気道」という武道に身体能力を高める何かがあるのではないかと考えた為です。 そしてそれから20年近く経過した今このことが正しかったと判明し...
身体操作(軸、脱力、合気など)

居着き:身体をその場に留まらせる無意識の反応

はじめに 武道・武術には「居着き」という言葉があります。 「居着き」という用語には使用する各個人で色々な意味合いがあると思われますが個人的には、 移動する際に身体重心を“支持基底面”上に留まらせる無意識の神経生理学的な反...
身体操作(軸、脱力、合気など)

突然パフォーマンスが向上したマジック・タイム体験

はじめに 高校の野球部時代に2回だけ著しく競技パフォーマンスが高まった経験があります。 各1〜2時間程度の短い時間でしたが、まるで魔法にかかったかのように明らかに野球におけるパフォーマンスが向上したのです。 当時はもちろ...
身体操作(軸、脱力、合気など)

「体幹」と「末端」を起点とした動きの具体的な例

はじめに 3月に「体幹主導末端操作」と「末端主導体幹操作」の2つの動作パターンについての気づきがありました。 「体幹主導末端操作」については書籍「黒人リズム感の秘密」の著者であるトニーティ(七類 誠一郎)先生開発のイン...
身体操作(軸、脱力、合気など)

日本人がスポーツ、ダンスで世界と戦う為に

はじめに 26歳の時に身体の使い方を学ぶ目的でストリートダンスを始めました。今から15年ほど前です。 メインのジャンルはロッキング(ロック・ダンス)です。 このジャンルを選んだ理由としては元々スポーツに活かせる身体運用を...
身体操作(軸、脱力、合気など)

「体幹を起点とした動き」と「末端を起点とした動き」の違い

はじめに 動作パターン(主導操作系)はその国の文化やスポーツやダンス独自の競技特性によって特徴があります。 この動作パターンは大きく分けて2つに分けられます。 体幹を起点とした動きである「体幹主導末端操作」と末端を起点と...
身体操作(軸、脱力、合気など)

「手の開発」と「施術で体幹連動を引き出す」

はじめに 2019.4.13(土)に骨膜リリースセミナー「身体のつながり」を開催しました。 今回はロルフィング®︎の特徴である「統合(身体をまとめる)」がテーマでした(ロルフィング®︎10シリーズでは♯8〜10がその統合がテー...
身体操作(軸、脱力、合気など)

ダンスで身体コントロールを邪魔していた要因:機能的支持基底面

はじめに 前回の記事では「機能的支持基底面」について軽く触れましたが、今回は実体験を含めて説明したいと思います。 ※「支持基底面」とは生体工学(バイオメカニクス)という分野など使用されている専門用語です。“たちばな”が支持基底...
タイトルとURLをコピーしました