ロルフィングとは10回の施術で全身を整えるアメリカで開発された整体(ボディワーク)です。

練習会クラス・WS報告

20年前にできなかったことが「論理の力」でできるようになる

はじめに 2019.05.14(火)の練習会クラスでは合気道の座技呼吸法をテーマとして実施しました。※「座技呼吸法」と「合気上げ」は基本的に同じだと個人的に捉えています。 座技呼吸法は基本の稽古でありながらおそらくできる人はほ...
身体操作(軸、脱力、合気など)

突然パフォーマンスが向上したマジック・タイム体験

はじめに 高校の野球部時代に2回だけ著しく競技パフォーマンスが高まった経験があります。 各1〜2時間程度の短い時間でしたが、まるで魔法にかかったかのように明らかに野球におけるパフォーマンスが向上したのです。 当時はもちろ...
ロルフィング(施術、考え方など)

「合気上げ」と「末端主導体幹操作」

はじめに 2019.5.7(火)の練習会では「メカニカルな合気上げ」をテーマとして、 ⚫︎末端主導体幹操作トレーニング(押し相撲)⚫︎親指からの崩しとつながりの理解⚫︎合掌での橈骨と手...
書籍紹介

ストレッチングは効果がない⁈

はじめに 先月出版された書籍「スポーツと運動の筋膜」を少しづつ読み進めています。 本書はロバート・シュライプ(Robert Schleip)が編集に携わっています。 ロバート・シュライプはヨーロッパのロルファー(...
練習会クラス・WS報告

意図的に大脳的意識におけるメモリの無駄使いをする

はじめに 4月23日(火)に行った練習会クラスではTwitterで回ってきた動画の対人ワークを課題として色々と行なって見ました。 動画では「力を抜くとできる」と説明されていますが、その「力を抜く」ことでイメージするもの...
身体操作(軸、脱力、合気など)

「体幹」と「末端」を起点とした動きの具体的な例

はじめに 3月に「体幹主導末端操作」と「末端主導体幹操作」の2つの動作パターンについての気づきがありました。 「体幹主導末端操作」については書籍「黒人リズム感の秘密」の著者であるトニーティ(七類 誠一郎)先生開発のイン...
身体操作(軸、脱力、合気など)

日本人がスポーツ、ダンスで世界と戦う為に

はじめに 26歳の時に身体の使い方を学ぶ目的でストリートダンスを始めました。今から15年ほど前です。 メインのジャンルはロッキング(ロック・ダンス)です。 このジャンルを選んだ理由としては元々スポーツに活かせる身体運用を...
練習会クラス・WS報告

「これ本当に、日本のスポーツ界が変わりますよ!」

はじめに 2019.4.13-14(土-日)に軸トレーニングWS「脊柱リンク」を開催しました。 テーマとしては背骨を繋げて「体幹主導末端操作」系の動きを引き出すことです。 今回も2日間実施しましたがやはり2日間行うと身体...
身体操作(軸、脱力、合気など)

「体幹を起点とした動き」と「末端を起点とした動き」の違い

はじめに 動作パターン(主導操作系)はその国の文化やスポーツやダンス独自の競技特性によって特徴があります。 この動作パターンは大きく分けて2つに分けられます。 体幹を起点とした動きである「体幹主導末端操作」と末端を起点と...
練習会クラス・WS報告

施術が楽しくてしょうがなかったです。

はじめに 2019.4.14(日)に軸トレーニングWS「基礎3点セット」を開催しました。 このWSは、個人的に身体操作(素の身体の使い方)を改善するに当たって必須と考えている「肩関節の抜きポジション」「股関節の抜きポジション」...