「メニューの選び方」はこちらを▶︎クリック

「神経リンクセッション」について

神経リンクの効果

⚫︎身体のつながりができる
⚫︎ふぬけではない機能的な脱力が深まる
⚫︎骨格本来の正しい動きが身につく
⚫︎姿勢が自然によくなる
⚫︎他者に掴まれても、他者とぶつからない動きが身につく

神経リンクの内容

神経リンク・セッションは「ロルフィングのたちばな」が開発した神経リンク・テクニックを使用したセッションになります。

計18セッションで構成されており、そのセッションのテーマに対応した部位にアプローチします。

神経リンク・セッション内容

⚫︎神経リンク・テクニック:60秒×インターバル:休憩:20秒
⚫︎5セット
⚫︎5部位実施
※基本的にはマッサージベッド上で横になり実施します。
⚫︎セッション時間:40分前後

神経リンク・テクニックとは、施術と軽いエクササイズを組み合わせたテクニックです。

施術者が特殊な触れ方で触れ、受け手に身体を動かしてもらうことで、身体のつながりを引き出し正しい骨の使い方を身につけます。

一般的な施術では施術直後は身体がゆるんだ感じがしても数時間後や翌日には元に戻ることが多いと言われます。

それに対して、神経リンク・テクニックは確実に身体に定着します。

神経リンクセッションの受け方

神経リンクは18セッションで構成されていますので一気に18回を受けると決めるのはハードルが高いと思われます。

そこでまずは【6セッション】を目安に受けられることをお勧めします。

また、同じ日に2〜3回連続でセッションを受けると効果がより高くなります。

実際に多くの方が一度に複数回の神経リンク・セッションを受けられています。

♯1〜6で
⚫︎手足5本の指と手首足首のワークが完遂し、全身のつながりができる
⚫︎肋骨の全方向のワークが完遂し、肋骨が全方向均等に自由に動き始める

手前味噌ですが、これほど指と体幹のつながりを作り、呼吸を改善させる方法を知りません(ずっと探していましたが世の中でみつからないので独自に開発する必要がありました)。

6セッションだけでも下記のようなことができるようになります。
▶︎ダンスでは身体の奥からの表現になる
▶︎合気道では「合気(他者に反応させない身体使い)」ができるようになる

神経リンク各セッションのテーマ

◆基礎1:手足のつながり、呼吸の開発

肋骨呼吸と手足の各指にアプローチし、肋骨の可動性や全身のつながりを作ります。

♯1:親指

❶手1指
❷足1指
❸肋骨呼吸(第1肋骨)
♯2:人差し指

❶肋骨呼吸(背中)
❷手2指
❸足2指
♯3:中指

❶肋骨呼吸(腋窩)
❷手3指
❸足3指
♯4:薬指

❶肋骨呼吸(背上)
❷手4指
❸足4指
♯5:小指

❶肋骨呼吸(肋骨指)
❷足5指
❸手5指
♯6:呼吸の完成

❶肋骨呼吸(浮遊肋骨)
❷手首
❸足首
◆基礎2:細分化

身体のつながりを作りつつ、細分化を深めていきます。

♯7:上肢帯

❶肩甲骨
❷鎖骨
❸腹部
♯8:四肢の細分化1

❶橈骨
❷脛骨
❸耳
♯9:四肢の細分化2

❶尺骨
❷腓骨
❸舌
♯10:体軸

❶大腿骨
❷腸骨操作
❸肋骨操作
❸顎関節
♯11:脊柱の細分化

❶仙骨
❷腰
❸胸椎
❹頸椎・後頭部
❺頬骨・前頭骨
♯12:空間把握

❶足指操作
❷舌骨
❸眼球
❹仙骨の締め・抜き
♯13:末端操作

❶手指操作
❷肩甲骨操作
❸胸骨呼吸
❹上顎骨
♯14:細部の調整

❶上腕骨
❷膝蓋骨
❸鼻
◆応用:各支持軸の機能動作

具体的な動作を活用して他者とぶつからない身体の使い方を身につけます。

♯15:1軸機能動作

❶腕下げ:手首
❷足下げ:足首
❸頭部操作
♯16:2軸機能動作

❶腕下げ:上腕骨
❷足下げ:大腿骨
❸胸郭操作
♯17:3軸機能動作

❶腕下げ:中手骨
❷足下げ:中足骨
❸骨盤操作
♯18:4軸機能動作

❶腕下げ:手指
❷足下げ:足指
❸側屈体幹操作
タイトルとURLをコピーしました