ロルフィングとは10回の施術で全身を整えるアメリカで開発された整体(ボディワーク)です。

◆軸トレーニングWS「他者とのつながり①、②」:7月14、15日

⚫︎2019年7月14日(日)軸トレーニングWS「他者とのつながり①」
⚫︎2019年7月15日(月)軸トレーニングWS「他者とのつながり②」

を開催します。両日の参加は特別料金になります。

WSで期待されること

⚫︎施術で受け手とつながる感覚が身につく。
⚫︎道具とのつながる感覚が身につく。
⚫︎合気道のような技をかける場合にゆっくりでも相手を崩して技をかける基礎が身につく。
⚫︎手の動きにしたがって全身が協調して動く身体の使い方が身につく(末端主導体幹操作)。

施術や武道(合気道など)、ペアダンス(社交ダンスなど)では他者とつながることが重視されています。

施術の世界では遠く離れた部位や触れることのできない部位をゆるめる、武道では手先で相手の全身をコントロールする、という教えや逸話はよく聞きます。

但し、実際にそのようなことができる人は少数であり多くの人にとって関心はあってもそれをどのように身につけてよいのかもわからない状態の方が多いのではないでしょうか。

問題点としては他者とつながり方を身につける方法論が確立されていないことが挙げられます。

野球で例えると「握り方も投げ方も知らないのに変化球を投げなさい」という状況であり身につけることが難しいのも当然と言えます。

ですが段階的に取り組んでいくならば他者とのつながりは誰もが身につけることができるものです。そしてそれは無機物である道具とのつながりにも繋がっていきます。

そこで本WSでは、合気道の要素を取り入れた段階的なトレーニングやペア・エクササイズを通じて「他者とのつながり」「自身の手先と全身のつながり」を身につけていきます。

【タイトル】

⚫︎軸トレーニングWS「他者とのつながり①」
⚫︎軸トレーニングWS「他者とのつながり②」

①、②ともに基本的には同内容を予定していますが、参加者の反応や進み具合により内容は変わります。必然的に①が基礎、②が応用になる可能性が高くなりますが②のみのご参加も歓迎いたします。

但し、繰り返しトレーニングすることにより着実に身につけやすくなるので両日のご参加をオススメします。

【開催日】

⚫︎「他者とのつながり①」
・2019年7月14日(日)18:30〜20:30(18時より開場)
⚫︎「他者とのつながり②」
・2019年7月15日(月)12:15〜14:15(12時より開場)

※「他者とのつながり①」はWS終了後、21:15まで会場が使えます。ご要望があればWSの質問、復習、自主練などの場とさせていただきます。

【会場】

⚫︎東京品川区:JR大崎駅より徒歩8分(申込み後にお知らせします)
⚫︎剣道場

【講師】

橘 隆徳(たちばな たかのり)

⚫︎Advanced Rolfer™ 
⚫︎Rolf Movement™ Practitioner 
⚫︎Bowen Technique Practitioner

【予定内容】

※内容は変更があることがあります。  
⚫︎他者とのつながりの段階の理解
・橈骨でのつながり
・尺骨でのつながり
・手の甲でのつながり
・手の平でのつながり
・指とのつながり

⚫︎前腕と指のつながりへの理解
・橈骨の抜きポジション
・尺骨の抜きポジション

⚫︎ムーブメント各種
・セルフ合掌トレーニング
・ペア合掌トレーニング
・座技呼吸法的エクササイズ(崩しの感覚の養成、肩甲骨の開発)
など

【受講料】

⚫︎①、②両日参加:20,000円
⚫︎一方のみ参加:16,000円

※お申込み受付後、お振込先をご連絡いたしますので
1週間以内にお振込下さい。

【対象】

⚫︎ダンサー、アスリート、パフォーマー
⚫︎トレーナー、インストラクター、施術家
⚫︎一般の方で身体に関心がある方 

【定員】

⚫︎24名(最少催行人数1名)

【持ち物】

⚫︎Tシャツにスウェットなど身体を動かせる服装
⚫︎リストバンド
⚫︎タオル
⚫︎水分(キャップのついたペットボトルのみ持込み可です)

【申し込み先】

ロルフィング®︎のたちばな
 rolfing.touch@gmail.com

下記項目を記入してメールにてお申込み下さい。

メールタイトル「お名前:軸トレーニングWS」希望

①名前(ふりがな)
②軸トレーニングWS「他者とのつながり」
両日、14日(日)、15日(月):希望する日をお選び下さい。
③メールアドレス
④携帯番号
⑤職業
⑥WSに期待すること
⑦領収書の要否否

注意事項
  • 開催決定後のキャンセルは受講料振込前でも「キャンセル料100%」が発生します。少人数制セミナーの為ご了承下さい。 
  • ロルファーが講師を務めますが、ロルフィングの資格を取得するセミナーではありません。
タイトルとURLをコピーしました